オタ活しながらシンプルに暮らせるか

就活中のオタク女子が、相矛盾するシンプルライフを模索します。

5th ANNIVERSARY TAKUMA TERASHIMA LIVE TOUR 2017 3rd STAGE "REBOOT"行ってきました!

こんばんは。
連日のライブ疲れで昨日は更新できませんでした…。
目下体力づくりを検討中。
 
さて、行ってきました寺島拓篤5thライブ REBOOT
Zepp東京での千秋楽公演。
17時の開演とともに響くエレクトロとオーディエンスのクラップ。
テンションが最高潮に高まったところで、ステージ中央から寺島さん登場…
寺島さんの曲を聞くたびに思うんですが、彼は本当に作曲家陣に恵まれているな、と。
ご本人もおっしゃってましたが、本来声優はステージで歌う仕事ではないと思います。
でもあのアルバムを聴いたら、「声優がファンサービスで音楽やってる」レベルではないことがわかるんです。
今音楽活動をされてる声優さん、皆さんそうです。
どこに対しても本気。
寺島さんの場合はそれが、楽曲に現れていると思います。
まず、オマージュがニクい!笑
Doorsのオマージュなんて、オシャレなことしてくれるんですよ…!

 

NEW GAME(DVD付)

NEW GAME(DVD付)

 

 

アルバムの構成も、基本的に2部になっています。
DTM基調の曲が多い印象ですが、REBOOTではスカっぽいものもあったり、もしかしてGO!GO!7188とかも聴いたかな?と勘繰ってしまう要素もあったり…。
(勝手な妄想ですが、寺島さん、REBOOT作成時に椎名林檎とか聴いてたかな…?と思わせるような艶っぽい歌い方もあったり!)
作詞は寺島さんご本人によるもので、そのどれを読んでも色々な素養がにじみ出てるのがわかります。
音楽が好きな方は、ぜひ一度聴いていただきたい!
特に重ためのDTM好きな方とか…!
 
私は声優さんが歌ったり踊ったりすることに肯定派です。
これは「声優」という仕事が変化している、という推定を前提にしています。
今、声優さんはアニメや吹き替えのための声を演じるだけでなく、大きな意味での「表現者」になってきているのではないかと思います。
元の「声優」を離れていく、というよりもその意味が「拡大」していっている。
そんなふうに思います。
 
ということで、今回は寺島拓篤さんのライブに行って思ったことなどでした。
そろそろ片付けの方を進めていきたいと思います。
物販について思ったことなども書きたいな、と。
 
では、おやすみなさい。
 

 

REBOOT(DVD付)

REBOOT(DVD付)