オタ活しながらシンプルに暮らせるか

就活中のオタク女子が、相矛盾するシンプルライフを模索します。

靴下の穴を塞ごう。


今日も7時に起床。
亀戸天神の藤まつりを見に行きました。

f:id:sumeshi_326:20170504203119j:plain


昨日は棚の整理…ではなく、繕い物をしました。
そういえば、アニメグッズなどは、ほとんどが既製品ですよね。
(もちろん自分で素敵なグッズを手作りする方も多くいらっしゃいますが、私はあまり器用でないのです…)
そういった既製品に囲まれていると、やはり自分の手を動かした何か、に触れたくなります。
もともと手芸が好きなこともあり、昨年頃から「ダーニング」をしています。

ダーニングとは、簡単にいうと靴下や衣服の穴を、糸を編んで塞ぐことです。

私の場合は、靴下の穴を塞いでいます。
でもきちんと勉強したわけではなく、以前チラッと立ち読みした雑誌に載っていたものを見様見真似でやっているだけです。
それでも結構、様になっているんじゃないかな〜と思っています。

やり方は簡単。
1.靴下を折り畳み傘に被せ…
(本来はダーニング用のキノコみたいなグッズがありますが、持ってないので代用してます笑)

f:id:sumeshi_326:20170504203457j:plain

2.穴の周りをぐるっと縫い…

f:id:sumeshi_326:20170504203531j:plain

3.横糸を掛け…

f:id:sumeshi_326:20170504203557j:plain

4.縦糸を編みこめば終了!

f:id:sumeshi_326:20170504203618j:plain

片方10分もあれば終わります。

(本当はウールの糸なんかあれば、洗濯するうちにフェルトみたいになっていいんですが、刺繍糸で代用。
色もいろいろあるので、ちょっともったいない気がするけどいいかな〜。)

靴下の穴を塞ぐなんて、なんだか貧乏くさくみられそうですが、私はそれを「物を、より自分に近づける方法」なんじゃないかと思っています。

買った時は、ちょっとよそよそしい既製品。
自分で直せば、手作りに…とまではいきませんが、愛着は増しますよね。きっと。

もうすでに色褪せている靴下ですが、もう少し履けそうです。
無印良品の足なり靴下、ネイビー。
これは左右の指定がありますが、この前買ったネイビーの足なり靴下には、左右がなかったなぁ。

今日は靴下の穴、のお話でした。
明日はfigmaのいろいろ、かな?

f:id:sumeshi_326:20170504203817j:plain